• 暮らしに役立つ美容情報

家でも日焼けする?自宅でできるUV対策

新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言解除による、自粛緩和、休業緩和が

進んでいます。

しかしながら、厚生労働省の新しい生活様式や第二波も懸念されており、

まだまだ今まで通りの外出というわけにはいかず、

自宅時間も必要です。

5月も終盤、気温が上がり、紫外線も強くなります。

「自宅にいれば、UV対策はしなくても大丈夫」

なんて思っているあなた。

自宅にいても、紫外線の影響はうけ、油断はできません。

今回は、家でも日焼けしてしまう理由や、自宅でできる

UV対策についてご紹介します。

家でも日焼けする理由

日焼止めには、SPF、PAなどの表示がありますよね。

SPAは紫外線B波の影響をを防ぐ効果を

数値で表したものになります。

屋外で日焼けをすると赤くなったり

ほてったり、お肌が火傷のように皮がむけたりなどしてしまうもので

シミや、そばかすの原因となります。

PAは、紫外線A波(UVA)の防止効果を+の数で表したものであります。

紫外線A波は、雲や窓ガラスも透過するので部屋の中にいても肌に影響を

与えます。

肌の奥深い部分である、真皮にまで到達してしまうため、コラーゲンやエラスチ

ン、ヒアルロン酸をつくりだす細胞を傷つけてしまいます。

これによりシワやたるみの原因になります。

また、肌が黒くなる原因でもあります。

紫外線A波が、まさに家でも日焼けしてしまう理由です。

自宅でUV対策

ここからは、自宅でUV対策する方法をご紹介します。


日焼け止めを塗る

自宅でも、日焼け止めをお肌につけて、紫外線からお肌を守ることです。

付け心地がいいもの、香りがよくリラックス効果があるもの、

保湿効果のある日焼け止め美容液

ノンケミカルのお肌に負担のない日焼け止めがおすすめです。

M&Sakuraco モイスト UV エッセンス ノンケミカルで爽やかなオレンジの香りの日焼け止め美容液 SPF50 PA++++

窓にUVカットシートを貼る

紫外線は主に窓から取り入れらます。

窓にUVカット効果のあるシートを貼ることで、紫外線からお肌を守ります。

明るさは取り込むことができますので、とても便利ですよ。

UVカット効果のあるカーテンやサンシェードをする

遮光カーテンをすることでUVカットはできますが、

日中部屋の中が暗いのは、気分が落ち込みそうです。

UVカット効果のあるカーテンやサンシェードを利用すれば、

部屋は明るいままUV対策できるのでおすすめです。

まとめ

紫外線の強い季節は特に、家でもより日焼けしてしまうため、安心できません。

自宅でも、リラックスしながら、UV対策はできます。

ぜひお試しくださいね。