• 暮らしに役立つ美容情報

2020年ノンケミカルでもしっかり紫外線を防ぐ 日焼け止めを  化粧品メーカー社員が選んでみた

日焼け止めが欠かせない季節になりました。

紫外線は、シミ、たるみ、肌荒れなど女性にとっては気になる肌の大敵です。

しかしながら、「日焼け止めで、お肌が荒れてしまう不安がある。」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日焼け止めに使われている、紫外線吸収剤や化学物質は肌の刺激になります。

そこで、敏感肌の方にも

お肌の負担になりにくい、紫外線吸収剤不使用の

ノンケミカル 日焼け止めが最近人気です。

今回は、化粧品メーカー社員が、注目している

ノンケミカル日焼け止めをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ノンケミカル日焼け止めってなに?

ケミカル(紫外線吸収剤使用)の日焼け止めは、

紫外線のエネルギーを吸収してしまいます。

敏感肌の方にとって刺激になる場合があります。

ノンケミカル(紫外線散乱剤)は、紫外線を散乱させることで

紫外線対策をした日焼け止めです。

お肌の上でエネルギーを吸収するということはほとんどありません。

そのため、敏感肌の方にはノンケミカルの日やけ止めがおすすめです。

ノンケミカル日焼け止めは、肌への刺激が少ない為、お子様への使用が

できるものもあります。

デメリットは、紫外線吸収剤に比べて使用感が良くないと

言われています。

また、ノンケミカル日焼け止めの場合、SPF、PAの値が低いものが多いという

イメージがあります。

ノンケミカル 敏感肌 日焼け止めランキング

ここからは、化粧品メーカー社員が注目、ノンケミカル日焼け止めを

ご紹介します。

ノンケミカルでも使い心地にこだわったり、成分にこだわりのある

日焼止めです。

ヌルヒガサ SPF50+ PA++++ UVクリーム フラーレン

 

SPF50 PA++++ と十分な高い数値でも

お肌に負担をかけないノンケミカル 日焼け止めです。

使用感が良いという口コミが多いです。

キャンペーンも開催されているのでチェックしてみてくださいね。

M&Sakuraco ホワイトブロッサム モイスト UV エッセンス 

ノンケミカルでもしっかり紫外線を防ぐ日焼け止め美容液

SPF50、PA++++ で、ウォータープルーフであることもうれしいポイントです。

ざくろ成分配合で、お肌にいい日焼け止め美容液。

オレンジの香りでリラックス効果もあります。

ハレナ オーガニック UVミルク (日焼け止め乳液)

 

99.8%天然由来成分であり、しっかり紫外線も防いでくれる日焼け止め乳液

です。

使用感は、好評で、白浮き、きしみが気にならないです。

赤ちゃんにも使えるやさしさがポイントです。

ウルンラップ UVクリーム SPF28 PA+++

 

パラベン、合成着色料、合成香料、シリコン、鉱物油、アルコール、合成保存

料、ナノフリーで子どもにも安心です。

レモングラスの香りがとても癒されます。

虫よけ効果もあるのでアウトドアにも良いですね。

使い心地は、すっと伸びて べたつかないというのは、ポイント高いです。

ブランポゥ トーンアップ UVセラムスティック

 

直接塗れて、ピタッと密着するスティックタイプのノンケミカル日焼け止め。

デザイン性があって魅力的です。

ビタミンC誘導体配合で、保湿力が高いのもポイントです。

香りはホワイトバーベナで癒されます。

UVカットシャワー アロマガード

 

日焼け止めと虫よけスプレーの機能があるノンケミカル日焼け止めスプレー。

メイクの上からスプレーすると化粧崩れも防ぐことができます。

塗り直ししやすいのは魅力ですよね。

まとめ

化粧品メーカー社員が、選ぶノンケミカル 日焼け止めはいかがでしたでしょう

か?

使い心地は良く、機能性にこだわりがあり、ノンケミカルであることは

敏感肌の方やお子様にはうれしいポイントです。

ぜひ、お気に入りをみつけてみてくださいね。